会社概要

会社概要

社名 株式会社 大清
(かぶしきがいしゃ だいせい)
代表者名 中村 友彦
創業 元禄元年
(西暦1668年)
設立 昭和28年8月
本社山形県米沢市中央4丁目1-6
営業所
  • 【プロショップ東店】
    米沢市中央三丁目8-28
  • 【プロショップ西店】
    米沢市中央四丁目1-6
  • 【中田営業所】
    米沢市中田4782(卸売団地内)
資本金4000万円
事業内容
  • 管工機材、住宅設備機器の販売
  • 土木建築資材、環境公園資材の販売
  • 機械工具、作業用品の販売
  • 鋼材、鋼管の販売
社員数32名
決算3月末日
関連会社(有)大清興産

会社沿革

元禄元年 大坂屋清兵衛、米沢粡町に創業。代々国産生糸及び小間物商を営む。
shop_edo復元した江戸時代の店舗(弊社商業資料室より)
明治8年文部省官許、小学読本など自刻出版発売。山形県の認可を得て量器製作販売す。
明治10年第一回内国勧業博覧会に国産毛筆、将棋駒を出品し受賞。
明治12年東京横山町二丁目に支店を開設し米沢物産の薄荷や糸物、毛筆と交易した輸入品を米沢で販売。
大正8年二度の大火後、時代の要請にともない金物及び建材の販売に移行し、商号を大清金物店に改める。
昭和12年日本内燃機製造KKの代理店として国産第一号の自動三輪車を県内に販売。shop_retro昭和12年の大清金物店店舗
昭和18年戦時中の国策に副い金物系商品をほとんど供出し統制組合配給店となる。
昭和21年戦後統制緩和し、徐々に金物商を再開。
昭和28年株式会社大清金物店創立、資本金300万円、11代目中村清兵衛代表取締役就任。
昭和38年本社店舗(粡町通り)を鉄筋コンクリート三階建に新築。(220坪)
昭和39年社名を株式会社大清に変更。
昭和40年中央三丁目(旧北寺町)に鉄骨建倉庫を新築する。
昭和44年米沢市中田町卸売団地に進出し、鉄鋼部を設く。(500坪)
昭和46年資本金2,400万円に増資、本社隣接地を取得し駐車場造成。(220坪)
昭和48年中田町卸売団地の隣接地を取得し鉄鋼部第二倉庫増築。
昭和50年建築業申請中の処、県知事の認可を得る。
昭和55年中村 清治代表取締役就任。
昭和62年中央三丁目店舗・倉庫・事務室老朽化のため鉄骨三階建に改築し8月10日竣工。(延393坪)
平成2年12代目中村 邦夫代表取締役就任。
平成4年中田町卸売団地に事務所改築
shop_center中田営業所
平成9年東京中小企業投資育成(株)、両羽協和、荘内銀行の出資を受けて資本金4000万円に増資。
平成11年13代目中村 恵一代表取締役就任。
平成14年自振手形発行ゼロ、借入金ゼロとする。
平成30年14代目中村 友彦代表取締役就任